海賊と呼ばれた男 映画みた。 「油もってきたけぇ!」

福岡県門司の国岡商店は漁船が軽油で動くことを知り海峡海上で漁船の燃料を売り始め会社も繁栄し始める。 「士魂商才」の魂で混乱の時代を駆け抜け次々に石油販売の販路を開拓した一代記です。

アメリカ大手などとは一線を画し まさに独自路線とでもいうか みんながやらないことを成し遂げまさしく侍の魂だ。

戦後焼け野原になり 会社再建も危ぶまれた時、社員をやめさせずすぐに仕事に取り掛からせ  売る石油がないときは、ラジオの修理できりぬける。



岡田准一主演 「油もってきたけぇ!」のセリフも様になってる。



出光興産創業者がモデル 百田尚樹作の小説。










映画はやっぱりCMが入らんwowowかのぉ~~



< />

コメント