アネハヅル 小型の鶴で 8000m ヒマラヤを越えて越冬する驚異の大飛行に感動しました。




アネハヅル という鳥のドキュメントNHKワイルドライフ(野生の王国のような番組)を見た。 鶴の仲間でタンチョウのように赤い模様はなくよく西日本で見られる ナベヅルのように濃いグレーでもない。小型の鶴  なにがどうなの?って 8,000m級のヒマラヤを超えて越冬地に向かうんだ。

春から秋は モンゴルの草原で暮らしている。ヒナも飛べるようになり秋になると みんなでヒマラヤの南がわに 大飛行を敢行する。 移動の時期が近づくと みんなが集まって来て飛んでいく時期を待つ。 一斉に飛び出してベースキャンプのようなところまで飛んでいく。 山を越える為強い風の場所から 山越えを始める。 数は数百から千羽くらい。V字の編隊を組み風邪をとらえて上昇して行くわけです。真っ白な山青い空のヒマラヤを超えて行く映像は美しく映るのですが -30℃で 酸素濃度もかなり薄い状態で過酷な山越えを行います。

撮影も一苦労で 長いヒマラヤ山脈の どこを超えるのか予想し いつ飛ぶのか・・待たないといけません。

何が一番良かったかというと みんなで助け合って目的地に向かって行く所かな・・わたしたちもそうありたいですね。



コメント